あなたの将来はどっち??



中性脂肪が高いまま放置し続けておいて怖いのは、脳梗塞・心筋梗塞です。発症する人は、(おそらく)ごく一部の人でしょうけど、なった時が大変です。


できるだけ元気で健やかな老後を過ごしたいものですよね。^^



  

この記事の目次


↓↓販売サイトの画像です。↓↓




  

「イマークSは効果なし」という口コミの人の3つの誤解



イマークSは効果なし、といって低評価をつける人の理由として、それは誤解では?と管理人が思ったことを書いていきます。



即効性(お試しセットでも中性脂肪が下がる効果を期待する)


お試しセットを飲んで「効果がなかった」という人がいます。



しかし、イマークSの会社が、何人かの人に飲んでもらって出したデータでも、毎日、飲み続けた人が、1ヶ月後から3ヶ月後に中性脂肪が下がる効果が表れた、というものであったわけです。



ですから、お試しセットぐらいで中性脂肪が下がる効果を期待するのは、ちょっと無理があります。





「イマークSで痩せる」と誤解していた?


イマークSは、飲んでもらった人のデータから、血液中の中性脂肪の改善効果が見られたのであって、「痩せた」というものではありません。



おそらく皮下脂肪や内臓脂肪も中性脂肪でできているので、それと混同して「痩せる」と思われたのだと思いますが、イマークSを飲んで(体重の)数字に表れるほど痩せる、という効果はありません。





暴飲暴食でも中性脂肪が減る


これはあくまでも推測にすぎないのですが、中性脂肪を下げるためには、基本、


  • 食生活習慣の見直し
  • 飲酒・喫煙習慣の見直し
  • 運動不足の見直し



といったことが必要になります。



イマークSを試した人は、これらを全く改めずにイマークSだけで中性脂肪を下げる効果を期待したのかもしれません。



しかし、それはさすがに厳しいものがあります。



(青魚の魚油やイマークSに多く含まれる)DHAやEPAを摂取して、中性脂肪を下げる効果を発揮したとしても、それ以上に中性脂肪を増やす生活習慣をしていれば増えていくのも当然です。



せめてこれらの習慣を少しでも良いから良い方向に改善しつつ、イマークSを飲むということが大切かと思われます。





  

イマークSで効果を得るための3つの考え



イマークSを飲んで中性脂肪の改善を図るのなら、その効果を得るための考え方が必要です。



毎日飲み続けて2ヶ月から3ヶ月は様子を見る


誤解の所でも書きましたが、1日に1本を毎日飲み続けて、2ヶ月から3ヶ月は様子を見たい所です。



データでは1ヶ月で効果が表れた人もいますが、早い人の場合です。



あなたが、その早い人にあてはまるかどうかはわからないので、2~3ヶ月は様子を見たい所です。





イマークSに痩せる効果はない、ということ


イマークSは血液中の中性脂肪を改善するDHA・EPA(魚油に多く含まれる血液をサラサラにする成分)を多く含んでいる飲み物です。



痩せる効果のある飲み物ではありません。





生活習慣を少しでもいいから見直す、最低でも今以上に悪い生活習慣にはしない


イマークSを飲んでも、暴飲暴食の生活習慣が続いていると、効果を期待するのは厳しくなるかもしれません。



生活習慣も改めるか、せめて今よりひどい状態にならないように心がけましょう。










  

中性脂肪が高い人の将来のリスク7つ



少し脅かす話になりますが、中性脂肪が高いまま放っておくとなる将来の姿について、少し書いていきます。



「中性脂肪が高い人がなる可能性のある病気」で怖いのは、脳梗塞、心筋梗塞


中性脂肪が高ければ必ずなる、というわけではありません。



その中の一部の人だとは思いますが、最も怖い病気が


脳梗塞・心筋梗塞



になります。



将来、これになったときのリスク7つを書いていきます。






まずは、脳梗塞、心筋梗塞を発症したら、亡くなる可能性があります。





半身麻痺・寝たきり・車椅子(生活)


なんとか死を免れたとしても半身麻痺・寝たきり・車椅子(生活)といった不便な生活を強いられることがあります。


半身麻痺・寝たきり・車椅子の図



車椅子なんかは、ちょっと段差があるだけでも転倒の恐怖がつきまといます。


車椅子の不便さ





引用元:街の中のユニバーサルデザイン 車いすとスロープ : Fujitsu Japan
http://www.fujitsu.com/jp/about/businesspolicy/tech/design/kids/ud/station-h1.html




当然、階段は登れません。(降りることもできません。)それどころか、ちょっとの段差も一苦労です。(転倒の恐怖がつきまといます。)



一人で外出もできませんし、家の中でも(一人で)2階に上がったりすることはできません。





まわりの家族の介護疲れ





脳梗塞・心筋梗塞を起こして、重い障害を持つと、まわりの家族が介護の苦労を強いられることになります。



あまりのきつさで介護疲れ、なんてことも起こりかねません。





経済的破綻


巨額の費用請求・お金に困る2人・借金に苦しむ人の図


医療費や障害を持つことによる経済的負担も馬鹿になりません。車椅子だって無料ではありません。



余裕をもって貯蓄していたはずの財産をほとんどとりくずす、なんてこともないわけではないのです。





離婚





介護の苦労・経済的破綻に耐えられずに離婚を言い渡される、なんてこともないことではありません。








以上、かなり悲観的に書いてきましたが、ポイントは脳梗塞・心筋梗塞を発症させてしまうかどうか?が大きな分岐点となります。



現時点でも、もしかしたら


  • 少しだけでも改善を始める → 脳梗塞・心筋梗塞を避けられる
  • 何も始めない → ○才で脳梗塞・心筋梗塞を発症する



という分岐点に立たされているのかもしれません。







  

イマークSは公式サイトで購入するのが良い3つの理由



イマークSは実店舗では売られていません。イマークSの公式サイト、Amazon、楽天などのネット販売だけのようです。



実店舗に置かない理由は、高い品質を保つために長期間保存できる防腐剤を入れてないなくて「在庫として置けないから」だそうです。



そこをふまえて イマークSを公式サイトで購入した方が良い理由3つ



を書いていきます。



定期購入の値段は公式サイトが一番安い


これは、防腐剤とは関係ありませんが、定期購入をする場合は、公式サイトが一番安かったです。





Amazon・楽天に出店しているお店の在庫はおそらく賞味期限の近いものから出荷される


これは調べたわけではないので、実際の所はわかりませんが、Amazonや楽天に出店しているお店はイマークSを当然仕入れていると思います。



しかし、その在庫が売れずに賞味期限を過ぎてしまったら、その在庫は廃棄せざるを得なく、仕入れたぶんは丸損になってしまうかと思います。



ですから、その在庫はおそらく賞味期限の近いものから出荷されるでしょう。



賞味期限に余裕をもって買いたい場合は、公式サイトで直に買うのが良いかと思います。





Amazon・楽天に出店しているお店は、イマークSの在庫を適切な環境で保存しているかは不明


もう一つ、これも邪推になるかもしれませんが、Amazon・楽天で出店しているお店がイマークSをきちんと品質が変わらないように保管しているかどうかは不明です。



イマークSは缶に入っている飲料なので、こちら側(客側)では、保管が悪くて変質していてもよくわかりません。。。



そこが気になる方は、公式サイトで直に買ったほうが良いかもしれません。












以上、イマークSは効果なしか?ということについての口コミの3つの誤解と効果を得るための3つの考えの話、でした。



inserted by FC2 system